飛谷メソッドとは

飛谷メソッドが有効な理由

Right brain activation and Tobitani Method

「人は環境の子なり」
現代はあふれんばかりの情報、しかも高速・スピードの時代です。左脳のゆっくりと順序立てて、進んでいくスピード感とは違い、右脳は高速スピードで稼動する脳。ですから、今の時代は、右脳がひらきやすい環境といえます。人は環境の子なりというように、この時代の環境の中にどんどん新しいこども達が生まれてきています。
教室での出来事をご紹介しましょう。
あるとき、一人の女の子が本をパラパラと速めくりして、「イメージが出てきて本の内容が分かっちゃった!」と目を輝かせて話しだしました。
すると…ここから驚くべきことが起き始めました。

  • ・外国語(英語)の本をパラパラすると、イメージで日本語が出てくる。本の内容を理解できる。
  • ・難しい漢字の本をパラパラすると、映像が出てきて、ひらがなに出てきて内容を理解できる。
  • ・算数の教科書をパラパラすると、式と答えが出てきます。
  • ・物語や食事の本をパラパラすると香りや音が感じられます。

このようにして、こどもたちは、本をパラパラするだけで、本の内容や文字、計算の答えが見えたり、香りや音などを感じたりします。
ここで、ピンときました。これはまさに、右脳の機能ではないか?ということです。
右脳には自動翻訳機能、文字変換機能、自動処理機能、右脳の五感、イメージ化機能などがあります。
本を超高速にめくることにより、右脳のコンピュータが回りだします。右脳を活性化すると、頭の中のコンピュータが稼動し、右脳の機能が働きだすのです。そして、本を超高速にはじくと、瞬時に脳の深部に届き、右脳の五感(共感覚)を動員すると、心と脳がどんどん育っていきます。人間の脳の中には、このように驚くような機能があります。そして、脳科学の分野でも脳はまだまだ未開の地。現在、世の中にあるAIやロボットの能力は日々進化し研究が進んでいますが、人間の脳の機能というのは、もっとすごいものなのかもしれません。

日本医科大学の品川嘉也教授によると“人間の脳には、この世の中にあるコンピュータの100万倍性能の良いコンピュータが入っている”といわれています。この言葉が飛谷メソッドの根底にあります。こどもたちの何気ない言葉やさりげない行動に、新しい能力をひらくヒントがたくさんあります。そこを見逃さず、こどもたちの能力にはまだまだ続きがあるということをぜひ知っていただきたいと思います。

The key to opening the possibilities of children

こどもの可能性をひらく鍵こどもの可能性をひらく鍵

本をパラパラとめくるだけで、右脳の機能が働き、様々なイメージに変換できる。これを飛谷こども研究所では「波動速読(Quantum Speed Reading)」と呼んでいます。こどもたちは誰しも、大人の常識の枠をはるかに超えた能力を持っています。では、どうしたら、このような能力がめざめるのでしょうか?

こどもたちの可能性をひらく鍵があります。
それは心の問題です。
深いお母さんの愛で、右脳はひらいていき、心が育つのです。

どんなときも大切にしていただきたいこと。それは、根っこをしっかりとはったお母さんとの絆です。

Children are amazing !

こどもはすごい!こどもはすごい!

白紙の本に、ある本を(イメージを使って)転写する。そして、その白紙の本をパラパラすると、そこに映像(イメージ)がでてくる。すると、内容が分かってしまう。
さらに、頭の中で、音のスイッチをオンにすると、音声が聴こえてきて、まるで映画を観ているようになる。そのときの映像は、3Dのように立体的な映像が飛び出てくるといいます。

こどもたちは、時代とともにどんどん進化していきます。こどもたちの能力は、今のままではなく、どんどん新しくなっていきます。自らの手で、自らの感覚、感性でこどもたちは自分の能力を引き出してくる。そして、楽しんでいる。大人が注意することは、それらの能力を否定的に取らないこと。一緒に楽しんであげること。すると、こどもたちは、いきいきとこの世界に進んでいくことでしょう。

  • こどもはすごい!こどもはすごい!
  • こどもはすごい!こどもはすごい!↑世界に広がる「波動速読」英語・独語版

Imagine freely

波動速読は、イメージ・パラパラめくり・アイトレーニングによって、ひらけてきます。ここで一番大切にしていただきたいのが、イメージ。
イメージは、未来も過去も今も、そのすべてが今にあるがごとくに、映像として出てくるのです。
教室のこどもたちのイメージの世界を少しご紹介いたしましょう。

  • ・宇宙にはたくさんの宇宙塵があります。未来には、それを集めるだけでなく、“食べてしまう”ロボットがでてきた!
  • ・未来の学校では、給食の配膳をしているロボットがいる!

現実に実用化したものもあります。たとえば、炊飯器のスイッチを外にいながらにしてオンにすることができる機械。外出して家に帰る頃には、美味しいご飯が炊けている。

こどもたちが、未来を見ているイメージで、それが現実になる世界がたくさんあるので、こどもたちの可能性は無限に広がっています。
ただし、大人が邪魔をしないことがポイントです。
こどもたちは、この10年の間にも、かなり変化してきています。こどもたちが語る内容が変わってきているのです。それは、世の中が変化しているから。その世の中に順応するこどもたちが生まれてきているからです。これから先も、どんどん進化していくことでしょうし、そのときに大人の常識という枠を外して、こどもと大人とが一緒になって楽しんでいったとき、もっともっと素晴らしい能力が開花するでしょう。

イメージを自由自在に使う
pageTop