image

飛谷こども研究所 Home > 推薦者のことば

推薦者のことば

image
■波動速読は、私たちが持つ本来の能力を回復させます[哲学者・未来学者 アーヴィン・ラズロ]
アーヴィン・ラズロ博士

飛谷こども研究所で行われている波動速読を、私は目の当たりにしたことがあります。波動速読は、ヒトの脳が「左脳優位」ではないとき、すなわち幼いこどもの脳や、変性意識状態にある大人の脳のような状態であるとき、脳はいわば量子的な処理方式で作動し、ほぼ一瞬にして膨大な量の情報にアクセスできることをはっきりと証明するものです。

波動速読は、私たちが真剣に向き合うべき現象のひとつです。そうすることで、私たちは本来持っているはずの能力を回復し、左脳優位というこれまでの脳の使い方を超えて、すべての次元へ情報を発信できるようになるでしょう。

Quantum speed reading works: I have seen it in action. It is further evidence that when the brain is not under the domination of the left hemisphere ── as in children, and in adults in altered states of consciousness ── it can operate in the“quantum processing mode”where vast amounts of information can be accessed almost instantly. Speed reading is among the phenomena that we need to look at seriously, in order to improve our habitual capacity to pick up, and also to send, information entire dimensions beyond the power of the classical operating mode of the left hemisphere.
── Ervin Laszlo, author, Science and the Akashic Field

■ アーヴィン・ラズロ博士 プロフィール

1932年、ハンガリー生まれ。哲学者・物理学者・未来学者・音楽家。「システム哲学」「一般進化理論」「惑星意識」の主唱者。世界賢人会議「ブタペストクラブ」主宰者。同クラブには、ミハイル・ゴルバチョフ(元ソビエト大統領)、ダライ・ラマ(法王)、アーサー・C・クラーク(作家)など、50人を超える世界の賢人たちが参加し、未来への提言を行っている。

image
image
飛谷先生のイメージ・トレーニングに癒されました[池川クリニック院長 池川明]
池川 明 先生

飛谷ユミ子先生は、脳のもつ本来の力を引き出すエキスパートです。長らく七田チャイルドアカデミーで右脳教育に携わり、現在では「飛谷こども研究所」において、世界のこどもたちのためにご活躍なさっておられます。拙著『ママを守るために生まれてきたよ!』(学研パブリッシング)においてもインタビューさせていただき、先生のご活躍の一端を紹介させていただきました。

今までの教育は、左脳の能力開発だけに力を入れていて、私たちの多くはこどもたちの持つ不思議な能力に気がつかずにいました。しかし飛谷先生は、右脳開発だけでなく、さらに奥深い意識の部分に焦点を当て、その能力を引き出すことに成功し、新しいメソッドを開発されました。

個人的には、あるセミナーで飛谷先生が行われた「5歳のあなたに」というイメージ・トレーニングがお気に入りです。今の自分が5歳だった自分に会い、さらに胎内に回帰して、生まれ直すという内容です。セミナー会場のあちこちからすすり泣きが聞こえ、私自身も大いに癒されました。

飛谷先生が開発されたメソッドは世界中で評価され、実際に海外からも大勢の方がワークを受けに来ています。驚くべき内容が記されているこのホームページをぜひじっくりとご覧になってみてください。

■ 池川 明 先生 プロフィール

1954年、東京都生まれ。帝京大学医学部大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年に池川クリニックを開設。日々の診療のかたわら、2000年前後から胎内記憶の調査・研究を行い、日本における胎内記憶の認知と、それに付随する生命観・倫理観の育成に大きく寄与する。『おなかの中から始める子育て』(サンマーク出版)、『胎内記憶 命の起源にトラウマが潜んでいる』(角川SSC新書)、『ママ、さよなら。ありがとう』(リヨン社)など、話題の著書が多数ある。

image
image
■飛谷教室のこどもたちは、目が輝いています[工学博士 河野貴美子]
河野 貴美子 先生

飛谷ユミ子先生の教室に通うこどもたちは、みな目が輝いています。それ以上に、「うちのこどもたちは……」と語る飛谷先生自身がとてもうれしそうに輝いて、まるで自分のこどものようにお話しされるのが印象的です。学校で行われているのとはまったく違う方法で、それこそ不思議な波動で、こどもたちを魔法のように包んでしまう魅力にあふれているのでしょう。脳の科学ではいまだに解明できない不思議な魅力の中で育っていくこどもたちの将来がとても楽しみです。

■ 河野 貴美子 先生 プロフィール

1967年、立教大学理学部物理学科卒業。日本医科大学生理学教室助手、同大学情報科学センター研究員を経て、現在、国際総合研究機構副理事長。日本生理学会評議員、人体科学会常任理事、日本数学協会幹事、全日本珠算教育連盟学術顧問。共著書に『脳をきたえるそろばんドリル』(日本文芸社)、『絶妙な「脳力」を作る技術』(明日香出版社)などがある。

image

image

メルマガ

※ 好評配信中!

Dear お母さん、お父さんへ

「脳力」を目覚めさせよう!

やってみよう! 飛谷メソッド

海外に広がる 飛谷メソッド

推薦者のことば

こどもたちとお母さん、お父さんの声

講師育成

大人のための「脳力」開発

メディア掲載

コラム

飛谷ユミ子の書籍